記事一覧

理論を教える多くの音楽講師たちに私が言いたいのは

理論を教える多くの音楽講師たちに私が言いたいのは、教室では、自分はミュージシャンである“前に”講師なのだと自覚して欲しいということだ。表現活動一本で生活できないコンプレックスから、自分はミュージシャンでもあり講師でもある、と2本立てを強調したい人もいるかも知れない。(講師ではないと開き直るヤツは問題外である) でも目の前に生徒さんがいるとき、相手が何に対してお金を払っているのかを考えれば、貴方はミュージシャンでなくてもいいが講師ではなくてはならない。それを認めるかみとめないかで意識は大きく変わる。

必要以上にペコペコはしなくていいが(生徒さんも落ち着かないだろう)、常にカリキュラムを見直したり、あたらしい教材のことを考えたり、質の高いレッスンをするための情報収集を怠らないようにしたっていいんじゃないか、とごく自然に思う。

勘違いしないでもらいたいのだが、教えることに熱心な人が皆無だとは私は思っていない。教える技術はどうすれば向上するか? という科学的な発想がなさすぎると言っているのだ。大抵の熱心な講師は自分の熱心さで安心してしまうのか、それ以上踏み込まない。

気持ちが熱ければ素人でもいい・・・わけはない。だって、美味いラーメンを食べたい、と思っている人は、気持ちだけはこもった素人のラーメンを食べたいとは思っていないはずだ。試行錯誤の末たどり着いた細かいワザをいくつも組み合わせた、プロの職人のラーメンを食べたいと思う事こそが、美味いラーメンを食べたいという思いそのものだろう。そのラーメン職人が、実際にラーメンを作る行程でいちいちイキリ立たず淡々と作業していたとしても、もとのレシピがほとばしる情熱によって編み出されたものであればそれでなんの不足もないはずだ。
もしも気持ちがこもっていれば素人のラーメンでもいい、と思う人がいたら、その人が求めているのは人であってラーメンではない。人を求めた結果作曲塾にたどり着く人がいたらそれはそれでうれしいけれど、何かを教える商売である限り、誰かが作曲塾を選ぶ理由はやはり教え方が上手だから、であって欲しい。

「前に教わった先生は作ったものをどんどん直していくだけで、何故そうした方がいいのかをちゃんと説明してくれなかった。今は作曲塾で教われてすごく楽しい」とか「何度もトライしては挫折した理論が、やっとちゃんと頭に収まりました」とか言ってもらうことが幸せなのだ。といっても言葉は一番の喜びじゃない。一番は、最初何もできなかった生徒さんがちゃんと完成させた作品の数々。生徒さんの思い出はただの映像じゃなくて音楽付きだからなかなか感動的で、印象深いものは時折口づさんでしまう事もあるのです。

良い選手だったジーコは良い指導者だったろうか?その2

一流の料理屋が、ぺーぺーの新人に対してその従業員個人個人の判断にまかせた下ごしらえや調理法を許すなど聞いたことがない。そんなことをさせるのはいい加減な店だ。レベルの高いものを客に提供しようという意志のある場であるなら、新人に最初にたたき込むのは「型」でいい。最初ぺーぺーだった新人は、型をたたき込まれながら育ち、それでも人間だからどうしても個性がでてしまう。大人の世界の中での個性なんてそういうもので十分だ。アナウンサーは型を徹底的にたたき込まれるが、それが個性を殺すことになっていると考える者がいるだろうか?

私の暗澹たる気持ちを想像して欲しい。

雇うときに私は「君はこの仕事にまだなんの蓄積もないんだからカリキュラムのインストラクターという立場でやってもらうからね」、とはっきり言ったはずだし、彼も「こんな自分に声をかけてくれて感謝します。がんばります」と言ってくれたのだ。たった半年だ。なのに他の誰よりもそういうものを嫌っている私自身のホームフィールドでいとも簡単にこのパターンが。。。 

 「個性」という言葉をつかって自分が一番努力しなくていいコースを辿ろうとするイマドキの若者の最悪の例を前にして 私は絶句するしかなかった。(今にして思えば最初にそんなこというヤツはその時点でクビにしていればよかったのだが、それは別の話だ) 

いや、判ってる。彼自身は、ラクをしようと自覚的に思っていたわけじゃないのだろう。自分が何かを言った時生徒さんが楽しそうな顔をした記憶、自分が説明をして生徒さんが何かを理解した記憶、なにより生徒さんが音楽を作ることの魅力に目覚めて実際に作る力をつけていった事実。そういうものでどんどん自信をつけてしまい、自分の何を変える必要があるんだ、と思い至ってしまったのだろう。

だが君よ、君が体験したすばらしい瞬間を自分の手柄だと思ってはいけない。君が手柄をあげたのではなく音楽理論が手柄をあげたのだ。君がすばらしいのではなく音楽がすばらしいのだ。君は君がうまく伝えられた10のことでほくほくする前に、10という数字がいかに低いかを知るべきだったのだ。
1割打者は3割打てない自分を嘆かなければいけない。打てた1割の記憶でほくほくしているような選手は選手を続けていく資格はない。

あらためて考えてみよう。英語が話せればプロの英語の教師か? すぐれた役者なら演技を教えるプロだろうか? 良い選手だったジーコは良い指導者だったろうか?
ましてや、良い選手になるのかどうかすらまだ何とも言えない若手が、なぜか既に指導者としての自信を持ってしまっている、という状況は、そのままにしておいていい種類のことだろうか?

・・・やはりスタッフを首にするというのはとても後味の悪いことなのね。だからこうやって、そうせざるを得なかった、ということを何度も確認してしまうわけ。。。

良い選手だったジーコは良い指導者だったろうか?

問題は、講師としての優秀さが必要とされるはずの職場にいるはずの多くの人たちが、大学教授のごとくふんぞり返って、教える技術を磨こうという発想にたどり着けないでいることだ。

街の音楽教室で導かなければならない相手は学生ではなくお客さんである。学校に所属していることだけでもメリットがある学生とは違って、街の教室に通ってくれる生徒さんは習っている内容が身につかなければ通う意味がない。お金を払った分だけ習得したいと要求する権利があるのだ。
にもかかわらず多くの場合、街の音楽講師は自分自身が音楽活動をしてさえいれば、人に教える資格があると思いこんでしまう。雇う教室の側も、音楽家としてのレベルを見るだけで教え方をチェックしたりはしない。指導方法を指導したりもまずしない。

なぜそういう事が起こってしまうのか。

そもそも、人はしばらく何かに従事し手慣れてくると、簡単にその道の極意を見つけたみたいな気分になって自分のやり方に自信を持ち始めてしまうものだ。スポーツでもゲームでも、「オレって天才かも〜♪」というキブンになる瞬間があるのは誰でも経験すると思う。
しかし普通は自分よりも優れた人が周囲に居る事を確認し調子に乗らないで済む。たとえば、2割5分くらいは誰でも打つのが当たり前だと知っているプロ野球の選手は、自分が2割打者であればそれを恥じ、4割近く打つ打者を尊敬する。

ところがだ。個人レッスンを受け持つ音楽教室の講師は、閉ざされた空間の中で、生徒さんと1対1で仕事をこなしていかなければならない。おまけにいったん担当が決められるとそのまま習い続けるしかないパターンが多いから、生徒のほうも、レッスンのクオリティが低かろうが、音楽を習うというのはそういうものなのだ、と受け入れるしかない。街の音楽教室は日常の業務の中で同業者の実力や自分の位置を知る術がないわけなのだ。

だから講師はついつい自分を過大評価してしまい、たった1本のホームランや、たまたまうまく四球を選べた時の記憶を、無根拠な自信へと繋げてしまう。そして1割打者のくせに4割打者と肩を並べて打撃論を繰り広げるような、恐いもの知らずな事を堂々とやってしまう。

以前のことだ。雇ったばかりの若い講師が半年もたたないうちに作曲塾のカリキュラムをゆがめて好き勝手なレッスンをしはじめたので、注意したことがある。彼はまんまと、そうなってはいけないはずの奢った気持ちになりきっていて、「塾長は講師の個性を尊重しない」と、堂々と言ってのけたのだった。それまで講師経験のなかったしかも駆け出しのミュージシャンの自分が、雇われてすぐにその道のベテランと張り合うだけの独自の方法論を持てていると本気で信じているらしいのだ。
 (続く!)

音楽講師という仕事“そもそもの話”・その2

しかしもちろん例外はある。街の音楽教室で行うレッスンというものにもいくつかのパターンがあるからだ。
例えばかなりレベルの高い生徒さんに、作品へのアドバイスや提案をするだけのレッスン内容であれば、前回例としてあげた大学の研究室の様子と同様になってくる。そうなると講師の音楽家としての側面自体に意味がでてくるので、感じたことを口にするだけでもじゅうぶん身になるいいレッスンになったりするだろう。ある段階の人にとって、目指す道の遙か先にいるプロフェッショナルの話は価値があるものなのだ。

何の準備もなく、その場で聞いたものに対して感じた事を言うだけで商売になるなんて、何だかずいぶんラクそうだと思われるかも知れない。講師がそれまでに培ってきた経験という財産を時間売りしていると思えば正当な仕事なのだが、大した蓄積もない若い講師が勘違いとハッタリでレッスンをしてしまう事が多いのも事実。それに関しては、皮肉混じりに、ずいぶんラクな仕事ですこと、と言ってやりたい気持ちに賛成しておこう。

さて、説明の技術にスポットをあてなくてもいいケースとしてこの話を始めたのだが、もちろんその代わりに求められる別の資質はあって、この場合は、講師の経験、間口の広さ、を問わないわけにはいかない。そういうレッスンを担当する講師には音楽と長い間関わってきて、いろいろなトラブルや悩みを乗り越えてきた経験が求められるという事なのだ。それにそういう段階でのやりとりは音符の向こう側の話になったりするので、アドバイスを行う講師は人生経験豊富な大人であるべきである。世間とはどういうものかまだ身にしみてわかっていないような年代や、業界大好きな軽薄クンには荷が重い役割なのである。

街の音楽教室なのだから講師のレベルを期待しても仕方ない、という考えもあろう。だが諦めてしまうのは早い。全ての実力あるミュージシャンがみな日の当たる立場にいられるわけでもないので、守備範囲の広いベテランのミュージシャンが音楽教室の講師を引き受けてくれる事は現実にあるのだ。(だから作曲塾が成り立っていけているわけである。私ひとりではどうにもなりません)  作曲塾では経験が少なくまだ視野が広くない講師には作品添削はさせない事にしているのだが、本来与えられた役割を越える言動がどうにも止まらなくなってしまい、辞めてもらった講師がいる。弱小教室としては講師一人が抜けるだけで非常に痛いのだけど、業務内容に関して胸を張れる教室でいるために妥協しないで頑張っています。

そういうわけで、そこそこレベルの高い生徒さんへのアドバイスレッスンは、経験豊富なベテラン講師が担当していればオッケー。ということでこの件はオシマイ。オシマイにしたので、これから詳しく語っていく主な対象が「街の音楽教室で、作曲の為の音楽理論を習得して貰う現場でのこと、またハイレベルでない生徒に対してアドバイスする現場でのこと」に限った話であることを明記しておく。
それらをまとめて「講師としての優秀さが必要とされるはずの場」と見なし、世間でみかけるそこにおける問題点を、次回以降、えぐって行きたいと思うのである。(続く!)

音楽講師という仕事“そもそもの話”

私が普段から考えていることを、ここであらためて語っていこうと思う。前から書きたかったのだが、事情があってこのタイミングまではできなかった。確実にみなさんの目に触れる為には、短くまとめようとするより、だらだらと書いていく方がいいと思うので(私の場合完成しない恐れがあるから!)、連載形式ということにする。
目的は、サイトを訪問してくださった方に作曲塾がどういうところか理解してもらうため、というのが建前。本音を言えば、この書き物を中心に作曲塾スタッフの意思統一がはかれるとか、ほかのスクールの音楽講師に対する啓蒙にならないかなとか、そういう期待がある。

作曲塾のポリシーの根元、私の音楽講師論を、スタートしよう。
・・・ちなみに私は偉そうに喋るがそれは本当に偉いからなので、気にしないように。ってうそうそ。偉くないから常に努力しなきゃ、ってことを自覚してるぶんだけ、自覚してない人よりは偉い、って事である。

=========================

大学の教授が自分の研究室の学生達に専門分野の話をするとき、分かりやすく説明する技術が必要だろうか?

 否。おそらくそこに必要なのは、その道の専門家としての知識や経験だけと言えるだろう。なぜなら、その場にいるのは、勝ち残った優秀さと学びたい欲求を兼ね備えた、極めて導きやすい学生達ばかりであるから。
そういう状況での学びであれば、おそらく時間をかけただけの成果が自動的に得られることだろう。だから学生がどんなに成長してもそれは教え方の質の証明にはならない。というより大きな成果があったらむしろそれは学生の優秀さのせいだ。

おなじ先生と呼ばれる職業であっても、そのような立場の人は、自分自身の専門分野への研鑽だけが大事なのであり、教えることに関しては二の次三の次でも許される。学び取れるかどうかは学生の側にかかっている。もちろんそういった立場の人が“人として”優しく説明しようとするのは普通のことかも知れないが。

さて、一方で、小学生に中学校の数学を教える進学塾の講師や、落ちこぼれの生徒に学習内容を理解させる補習塾の先生がいる。大学教授とそれら塾講師のどちらが“教える技術”、つまり講師としての優秀さが要求されるだろう?

もちろん後者に決まっている。

同じ原理で、私は、音大の先生より、街の音楽教室で作曲を教える講師のほうが、講師としての優秀さがはるかに必要とされると思うわけだ。キャッチフレーズ的にいうなら『音大の先生は音楽家であればよい』が、街の音楽講師がそれだけですまそうとするなら、それは大いなるオゴリ・・・っていっても大判振る舞いのことじゃない。大いなる勘違い、おめーはそこまでの存在じゃねえよ、ってなものなのである。
(続く!)

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ

プロフィール

コンテンツ

  • コンテンツの分類1
  • コンテンツの分類2
  • コンテンツの分類3

リンク集

  • リンク集の分類1
  • リンク集の分類2
  • リンク集の分類3

過去ログ